会社案内

会社沿革

ダンボール箱工房の創業以来の歴史です。

1956年 9月 黒川佳洋により大洋紙器製作所を大阪市生野区にて創業
1970年 1月 本社及び工場(鉄筋3階建て延べ床面積800u)を東住吉区現住所に新築移転
輪転印刷機、断裁機、グロア機、連切機等新設
1972年 5月 大洋紙器株式会社として資本金300万円にて法人化
1974年10月 本社工場増築(延べ床面積1.100m2)になる
1978年 9月 プリスロ印刷2色機導入
1987年 4月 プリスロ2色印刷機ダイカッター付(ウメタニ・マーク2)導入
1994年 7月 代表取締役 黒川佳洋死去
黒川俊枝 代表取締役に就任
松森滋直 専務取締役に就任
1994年10月 工場内消火設備設置(1F〜3F)
1996年 4月 資本金1.000万円に増資
1998年 2月 プリスロ2色印刷機ダイカッター付(ウメタニ・Plumμ)導入
2003年11月 ホームページ開設
http://www.taiyoushiki.com/
2004年 7月 CAD/CAMカッティングマシーン導入
2004年12月 大阪府経営革新支援法を承認されました。
(大阪府指令経支第1100-148号)
2005年 6月 松森滋直 代表取締役に就任
黒川俊枝 取締役会長に就任
2008年 7月 大型断裁機 新機種入れ替え
2008年10月 グルア機、小型断裁機 新機種入れ替え
2009年 6月 ホームページリニューアル 
2010年10月 CAD/CAMカッティングマシーン最新機種に入れ替え
(NSK Kongsberg XL22)
2013年 3月 大型UVインクジェットプリンター導入
2014年 4月 松森圭子 代表取締役に就任
2017年 3月 「エコアクション21」認証・登録